毛穴

毛穴鼻対策~合計1300円。鼻の黒ずみを綺麗さっぱり除去する方法

鼻黒ずみ

鼻の黒ずみはとても気になりますね。毛穴パックをすると肌に悪いし、指で摘みだしても逆に毛穴が広がってしまいます。
泡洗顔や酵素洗顔は肌にも毛穴にダメージはありませんが、これだけでは鼻の黒ずみは綺麗に除去できません。悩ましいですね・・。

今回は、肌のダメージが極力少なく、かつ鼻の黒ずみが綺麗さっぱり除去できる方法をお伝えします。

<目次>
・鼻の黒ずみができる理由
・鼻の黒ずみのダメージレスな除去方法
・鼻の黒ずみが溜まらないようにする方法

鼻の黒ずみができる理由

まずは、鼻の黒ずみができるメカニズムからみていきましょう。
鼻の毛穴から分泌される「皮脂」が、肌の「老廃物(剥がれた角質など)」、「汗」、「乳液」、「クリーム」、「ファンデーション」などと混ざり、酸化して固まりになります。これの汚れが黒ずみの主な原因です。

毛穴汚れ
出典:http://www.shiseidogroup.jp/binolab/s_0026/

この他、毛穴自体が日焼けをして黒くみえたり、毛穴が広がったせいで毛穴の影が黒くみえたりする事も毛穴が黒く見える原因の1つです。

鼻の黒ずみが、通常の洗顔で落とせない理由

通常のメイク落としや、洗顔ではなかなか鼻の黒ずみまで落とすことができません。これはなぜでしょう?

それは2つの理由があります。
1つ目の理由は、黒ずみの主な原因となる毛穴の汚れが、油分・たんぱく質・水分・その他様々な科学物質の集合体が複雑に絡み合い固まったもので、洗浄成分と混ざりにくいという理由です。
もう1つは、毛穴という管の中にべっとりと汚れが詰まっている状態なので、洗浄成分自体が汚れに届きにくいからです。

これで、肌の表面についたメイクや皮脂は綺麗に落とせるのに、毛穴の黒ずみが落としにくい理由を分かっていただけたと思います。

鼻の黒ずみのダメージレスな除去方法

それでは、極力ダメージレスながら、鼻の黒ずみを綺麗に落とす方法をお伝えします。
手に入れやすいアイテムを使った方法なので、気軽に試していただけると思います。

アイテムを新しく買ったとしても1,300円でお釣りがくる値段です。ぜひお試しください。更に1度きりではなく、週1~2回、定期的に実践して、黒ずみがないお鼻をキープしましょう!

それでは、鼻の黒ずみの除去方法です。

ステップ1:不要なメイクと皮脂を落とす

最初に、肌の上にあるメイクと皮脂を落として、肌をピュアな状態にします。
これは普段お使いの、メイク落としと洗顔剤を使ってください。洗い方もいつも通りでOKです。

洗顔

ステップ2:薄く化粧水をする

次に顔が乾燥しないように、顔全体に薄く化粧水をつけてください。
オールインワンジェルでもかまいません。この時、乳液はつけないでください。

ステップ3:ホホバオイルで鼻をマッサージする

ホホバオイル

① まずは、500円玉くらいの量のホホバオイルを手に取り、手で人肌に温めます。
温めたら、これを鼻にまんべんなく付けてください。鼻以外に毛穴の黒ずみが気になるところがあれば、そこにも付けてください。
② 次に両方の中指でくるくる、くるくると、鼻の表面を役3分間マッサージしてください。黒ずみにオイルを染み込ませるイメージです。
③ 頑固な黒ずみがある場合は、さらに綿棒にホホバオイルを浸して、その綿棒を使ってピンポイントでくるくるマッサージしましょう。

鼻マッサージ

ホホバオイルはスキンケア効果の高いオイルで、しかもオイルの中で一番人の皮脂に近い成分構成でできています。ですからホホバオイルは、皮脂や角質でできている毛穴汚れになじみやすい性質があります。
ホホバオイルで鼻をマッサージすることで、毛穴の中の汚れに浸透し、毛穴の汚れを浮き立たせる働きをしてくれるのです。

オススメのホホバオイル

「ホホバオイルといったらこれ」というほど人気の無印良品ホホバオイル。透明で純度の高いホホバオイルが、この価格で買えるのは無印良品だけです。黒ずみ除去にも使えますし、保湿用のオイルとして顔にもボディにも使えます。

寒くなると白っぽく固まってしまいますが、品質には変わりありません。冬は温かい部屋においておくといいでしょう。

無印良品 ホホバオイル
出典:http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548076986577
無印良品 ホホバオイル
50ml/900円(税込)
200ml/2,500円(税込)

ステップ4:ホホバオイルで鼻をパックする

[ステップ3]でマッサージした後、そのままラップをして10分放置してください。
時間を掛けることでさらに、毛穴の汚れとホホバオイルを馴染ませるのです。
気温が低いと、ホホバオイルは固まりやすくなるので、寒い時はラップの上から手で押さえて温めてあげるようにしてください。
10分経ったら、ラップを剥がして、軽くティッシュで抑えて油分をオフしてください。

鼻パック

ステップ5:クレンジングオイルを馴染ませる

次に、お手持ちのクレンジングオイルを顔全体につけます。
いつものメイクを落とす時と同じ要領でOK。鼻の部分は多めにクレンジングオイルをつけて、くるくるマッサージし、ホホバオイルとよくよく馴染ませます。この馴染ませるのが大事なので、適当にやらずしっかり馴染ませましょう。

できれば、この時お風呂に入ってください。(顔と手に水がかからないように気をつけて)気温と湿度が高いところでは毛穴が広がって、より黒ずみ除去の効果が高くなります。

コスパのよい、おすすめクレンジングオイル

クレンジングオイルは、普段お使いのものを使ってください。クレンジングリキッッドや、ミルククレンジングでは洗浄力が弱いので、クレンジング「オイル」を使ってください。
オイルクレンジングをお持ちでない方は、以下のようなしっかりと汚れが落ちるオイルクレンジングを買ってください。高いオイルでなくて大丈夫です。

ソフティモ ホワイト クレンジングオイル N
出典:http://www.kosecosmeport.co.jp/face/cleansing/wjip.html
ソフティモ ホワイト クレンジングオイル N
60ml/349円

カウブランド無添加メイク落としオイル
出典:http://www.cow-mutenka-fc.jp/
商品:牛乳石鹸 カウブランド 無添加メイク落としオイル
150ml/880円(税抜)

ステップ6:クレンジングオイルを乳化させる

次に「お湯」を少々手に取り、クレンジングオイルと馴染ませ乳化させます。顔全体が白っぽくなるまで、念入りに乳化させましょう。
鼻の毛穴の中まで、乳化されるように丁寧に乳化さたら、お湯で流してください。

クレンジングは乳化させる

ステップ7:洗顔

さて、最後に洗顔です。
しっかり泡を作った上で、顔全体になじませ、特に鼻まわりはくるくる洗顔してください。洗顔フォームでも、洗顔石鹸でも、いつもの洗顔剤でOKです。

これで、鼻の黒ずみがいつもより薄くなっていることでしょう。

ここで鼻にある白い角栓がふやけて、気になってくる人もいると思いますが、それを摘みだしては絶対いけません!
毛穴のダメージになって毛穴が開き更に黒ずみが目立つ原因になるからです。「いつもより黒ずみが薄くなった」このレベルでOKとする事が重要です。

そして更に、鼻の黒ずみを薄くする為には、これを週1回~2回継続しましょう。この継続が一番大事です。

最後に

洗顔が終わったら、いつものスキンケアをしてください。
保湿をしっかりすると鼻の毛穴が開きにくくなるので、しっかりと保湿してください。

ホホバオイル900円+クレンジングオイル400円=1,300円と、お手軽価格でダメージレスな毛穴ケアができます。ぜひお試しください。
スキンケア

鼻の黒ずみが溜まらないようにする方法

鼻の黒ずみを除去するのと同じくらい大事なことは、毛穴の汚れをためにくくすることです。
そのために大事なこと3つをまとめます。

皮脂をオフ

普段から皮脂を溜めすぎないように、一日数回ティッシュで鼻まわりを抑えるようにしましょう。
完璧に皮脂をとってしまうと乾燥の原因になるので、ティッシュで軽く抑える程度が丁度よいです。

クレンジングはしっかり乳化させる

クレンジングをする時に、ちゃんと乳化させずに、すぐお湯で洗い流してしまう人が多いです。
クレンジングは汚れと油をなじませてから、それを水と馴染ませ落とす仕組みです。汚れた油分が毛穴に残らないように、白くなるまで乳化させることを意識してください。

毛穴を縮めるケアをする

年齢とともに鼻の毛穴は開いてしまいます。毛穴が開くと、さらに鼻の毛穴にも黒ずみが溜まりやすく、目立ちやすくなります。
20代のうちから毛穴が開かないようなケアを始めることが大切です。

詳しいケア方法は「頬の毛穴の開きを徹底改善!4つの鉄板対策」のページをご覧ください。
鼻だけでなく頬の毛穴の開きを改善する方法を説明しています。

毛穴ケア

コメントを残す

*

CAPTCHA